ちゃんと設定してる?ブログの説明文で検索に強くなる6つのポイント!

ブログの説明文 6つのポイント

ども、ピアノ教室管理人です。

 

前回はピアノ教室の生徒募集のためのブログで、ブログのタイトルに入れておいたほうがいい2つの言葉についてご紹介しました。

たった2つの言葉を入れておくだけで、今この瞬間にピアノ教室を探している人に、ネット検索で探してもらいやすくなるというお話しでしたね。

 

ただ前回の記事末に書いたように、タイトルだけがすべてではないんです。

検索で見つけてもらえるかどうか?

もっとハッキリいっちゃうと、検索結果の上位に表示されるかどうかは、ブログのタイトルだけでは決まらないんですよね。

他にも影響を与えている要素というのがたくさーんあるんです。
Σ(; ゚Д゚)エーッ!マジデ?

 

というわけで

今回はピアノ教室の生徒募集のためのブログで、ブログタイトルの次に重要度が高いであろうコチラをご紹介いたしまーす。(タラちゃん風に)

ブログタイトルの次に重要度が高いものとは?

ブログタイトルの次に重要度が高いもの。それは・・

ズバリィ!「ブログの説明文」です。

 

「え、ブログの説明文って何でしたっけ?」
そんな声がどこからか聞こえてくるような、こないような…。

 

そんな貴方に朗報!\(^o^)/
ブログの説明文とは、こんなものです。

ブログの説明文 サンプル01

横浜のピアノ教室「福田音楽教室」Webサイト管理人のブログ!
教室の話題をはじめ、ホームページ作成、スタイルシート、ブログ、SEO、などのノウハウを書いていきます。

 

あるいは、こんなトコ。

ブログの説明文 サンプル02

横浜のピアノ教室に暮らすジャック・ラッセル・テリア「メイプル」の日常

 

いずれもブログタイトルの直下にあって、そのブログの内容を書き表している一文ですね。

どんなブログなのか、何について書かれたブログなのか、簡単にわかりやすく紹介している「紹介文」でもあります。

 

ちなみに、当ブログ「ピアノ教室 ノウハウポスト♪」の場合はこう。

ブログの説明文 サンプル03

レッスンの進め方や教材、楽譜、グッズ、生徒集め、お教室環境、発表会、ホームページやブログの活用法など、ピアノ教室の運営や経営に役立つ情報やヒントを、横浜のピアノ教室「福田音楽教室」での経験と実践に基づいて、楽しく分かりやすくご紹介しています。

 

というわけで
どんなブログにもだいたいありますよね、ブログの説明文って。

どうしてブログの説明文がそんなに大切なの?

ブログの説明文が大切な理由はいくつかありますが、ここでは主な2つを取り上げてみます。

大切な理由1.ブログの全ページにある

ブログの説明文というのは、ブログの全部にページに表示されていますよね。
必ずブログのヘッダー部分、ブログタイトルの前後に居座っているんです。

ということは、ブログの全ページ、全記事の検索結果に影響を与えているということになります。

だから大切なんですね。

大切な理由2.重要な“重み付け”がされている

アメブロやFC2、livedoorブログなど使うブログサービスにもよりますが、大抵の場合「ブログの説明文」には重要な重み付けが成されています。

重み付けとは何かというと・・・

 

ブログやホームページなどのWebサイトはHTMLというマークアップ言語で書かれています。

そのHTMLには<h1>から<h6>までの「見出し」を表す6段階のタグがあるんですが、「ブログの説明文」は<h2>でマークアップされていることが多いんです。

<h2>ということは、2番目に大きな見出し、2番目に重要な見出し、という重み付けなんですね。

 

ま、難しいことは \(^_\) ≡ (/_^)/ 置いといて。

 

ブログの説明文はだいたい2~3番目くらいに重要で、それが全ページに表示されるから、検索結果に与える影響も大きい。

そうおぼえておいてくださいネ。
(;´∀`)

じゃ、ブログの説明文には何を書いたらいいの?

検索結果に影響を与えるくらい重要なブログの説明文には、いったい何を書いておいたらいいのでしょうか?

 

まず、ピアノ教室の生徒募集など集客に使うブログであることを大前提として考えますね。

たんなる趣味のブログ、日記ブログだったり、アクセス数とか気にしないんであれば、あんまり関係ありませんから自由に書けばいいと思います。

 

でも生徒募集に使うんだったら、次のことに気を配って書いていくといいでしょう。

1.ブログタイトルに書き切れなかった言葉を入れていこう!

前回のブログタイトルの記事でもちょこっと書きましたが、検索結果に関係ありそうな言葉をブログのタイトルに詰め込み過ぎると、「キーワードの詰め込み」としてペナルティーを受けるリスクがあります。

またそれ以前に、ブログのタイトルが長ったらしかったら、単純にですもんね。

当然入力できる文字数の制限もありますし。

 

そうなると、ホントはブログのタイトルに入れたいと思った言葉でも、泣く泣く削るしかありません。
(;Д;)

地名などもう少し入れたくても、どうしてもムリな場合もありますよね。
。゚(゚´Д`゚)゚。

 

そこで、
泣く泣く削った言葉は、積極的にブログの説明文に入れていきましょう。

ブログのタイトルに入らなかったからといってどこにも書いていないと、その言葉ではまず検索には引っ掛かりません。

今この瞬間、ピアノ教室を探している人が使いそうな言葉だったら尚のこと、ブログの説明文にしっかり入れておきましょう。

2.自分のピアノ教室の特徴を表す言葉を入れて書こう!

ピアノ教室の特徴とは例えば…

  • 個人レッスン
  • 初心者歓迎
  • 子どもから大人まで
  • シニアの方も
  • コンクール実績
  • 音大受験
  • プロを目指す方
  • 送迎あり
  • 駐車場あり
  • 無料体験レッスン

などなど。

自分のピアノ教室で実際に行なっているサービスやレッスン内容、ターゲットとなる年齢層や世代、教室の特徴、体験レッスンの有無など、こってり濃厚に書き込んでいくといいでしょう。

なぜなら

これらの言葉もまた、ピアノ教室を探している人が検索に使いそうな言葉だからです。
ヮ(゚д゚)ォ!

 

でも、当たり前ですがウソはダメですよ、ウソは。

自分のピアノ教室に当てはまらないことを書いても、後で取り繕うことになっちゃって大変ですからね。
Σ(´∀`||;)ドキッ!!

3.自然な日本語の文章になるように書こう!

ピアノ教室を探している人が検索に使いそうな言葉だからって、ギュウギュウに詰め込んだ結果、何だかヘンテコな日本語にならないように気をつけましょう。

自分のピアノ教室の特徴を表していても、不自然な文章は頂けません。

 

なぜなら、ブログの説明文とは本来「人に読んでもらうためのもの」だからです。

人が読んで不自然だったら、やっぱり印象は良くないですよね。

 

必要な言葉をできるだけ多く入れながらも、ナチュラルな文章になるように気をつけて書いてくださいね。

4.文字数制限いっぱいまで使って書き切ろう!

ブログの説明文に入力できる文字数は、ブログサービスごとに制限があると思います。

アメブロだったら「全角128文字・半角256文字以内」です。

 

その文字数制限いっぱいを使い切るように、工夫しながら、ブログの説明文を書いていきます。

1~2文字余るくらいだったら構いませんけど、50文字とか余るのはもったいないですよね。

文字数制限いっぱいを使い切るように、気合入れて書いてみてください。

5.重要な言葉ほど、説明文の前の方に書くようにしよう!

少し前の検索エンジン対策として、よく「文章の先頭付近に重要なキーワードを書くべし」と言われていました。

ネットでピアノ教室を探している人が検索で使いそうな言葉ほど、文章の先頭に書くと効果があるということなんですが・・・。

今はそんなことありません。
(´∀`)

文章のどの位置に書いてあっても、ちゃんと読み取ってくれますからご安心を。

検索エンジンも進化してるんですよね。

 

ただし

ブログの説明文というのは、ネット上のいろんなところで表示されます。

またブログランキングなど、いろんなネットサービスに自分のブログを登録するとき、ブログの説明文を入力することもよくあります。

 

そんなとき、ブログの説明文が全部まるまるっと表示されるとは限りません。

説明の途中でバッサリ割愛されちゃって、あとは「…」で省略されてしまうことも珍しくありません。
(;´Д`)アウ

 

そんなこんなを考えると、重要な言葉ほど説明文の前の方に書いておく方が、省略されてしまう心配は少なくなりますよね。

表示されていない限り、読んでいる人には伝わりませんもんね。

表示されてこそ、です。

6.カスタマイズしているブログもしっかり書いておこう

よくブログをカスタマイズして、ヘッダーが画像になっているブログもあります。

こんな感じで。

ブログの説明文 サンプル04

この場合、設定したブログの説明文は表示されていません。

されてはいませんが、ページのソースという裏側ではしっかり表示されています。

検索エンジンはそこを読み取って、検索結果に反映させているんですよね。

なので、カスタマイズして表示されていないからといって手を抜かず、しっかり設定しておきましょう。

もしブログの説明文を書いていなかったらどうなるの?

説明文が淡白なブログって割とよく見かけます。

特にアメブロのコレ↓

ブログの説明文 サンプル05

拡大すると・・・

ブログの説明を入力します。

そう、
ブログの説明を入力します。です。

 

これは自分でブログの説明文を設定していないために、アメブロの初期設定である「ブログの説明を入力します。」という一文がそのまま表示されちゃってるんですよね。

実にもったいない。

 

いや、もったいない以前に、検索エンジンはこう思っているかもしれません。

「そうか~このブログは、ブログの説明を入力します。について書かれたブログなんだなぁ~。」って!

 

ヤバイです、これ。

ピアノ教室のブログなのに、「ブログの説明を入力します。ブログ」だと認識されちゃってますよ。
ヽ(´Д`;)ノアゥア…

もちろん、ピアノ教室としての検索結果はかなり不利になってるかも・・・しれません。
(;´д`)トホホ…

さあ、今スグ設定しましょう。

まとめ

ブログの説明文は検索結果にも影響を与える重要な部分ですから、次の6つことに気を配りながらしっかり設定しておきましょう。

  1. ブログタイトルに書き切れなかった言葉を入れていこう!
  2. 自分のピアノ教室の特徴を表す言葉を入れて書こう!
  3. 自然な日本語の文章になるように書こう!
  4. 文字数制限いっぱいまで使って書き切ろう!
  5. 重要な言葉ほど、説明文の前の方に書くようにしよう!
  6. カスタマイズしているブログもしっかり書いておこう

もちろん、自分のピアノ教室の魅力がしっかり伝わるように書くことを忘れないでくださいね。

生徒募集のためのブログは、お問い合わせにつながってこそ、ですからね、やっぱり。

 

では、がんばっていきましょう!
^^)/~

ピアノ教室 管理人

ピアノ教室 管理人

福田音楽教室Webサイト管理人をやってますw

More Posts - Website - Twitter - Facebook


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です