知らないと機会ロス!あなたのブログの集客効果を高めるモバイルユーザー対策とは?

ピアノ教室ブログのモバイル集客対策

あぢ~よ~…。
ι(´Д`υ)アツィー

 

あ、どもども、ピアノ教室管理人です。^^

アメブロやFC2、livedoorをはじめとして、いろんなブログで生徒募集されているピアノ教室の先生方は多いと思います。

無料ブログは手軽にはじめられますし、初心者の人でも扱いやすくて、ちゃんと集客効果も期待できますよね。

生徒募集のための媒体として人気があります。

 

そんなブログ集客ですが、意外と見逃しがちな盲点があるんですよね。

うすうす気がついている方も多いとは思いますが、ご存知ない方のために改めて書いておきますね。

スマホや携帯などモバイル環境からは見えてないブログのサイドバーやメッセージボード

パソコンで表示したときには普通に表示されている部分でも、スマホや携帯などモバイル端末ではまったく表示されない場合があるんですよね。

その代表が「サイドバー」と「メッセージボード」です。

ブログのサイドバーとは?

ブログのサイドバーというのはこういうところ↓です。(黄色部分)

ブログのサイドバー

ブログのメッセージボードとは?

ブログのメッセージボードというのはこういうところ↓のことです。(黄色部分)
(アメブロは特にそう呼んでいますよね。)

ブログのメッセージボード

 

これらのブログのサイドバーやメッセージボードは、携帯から全然まったく見えていないんですよね~。

携帯電話の読者の画面には表示されていないということです。

 

またiPhoneなどスマホからも同様に見えてないと思ったほうがいいです。

通常はスマホ表示にシンプルに最適化されたスマホ専用ページが表示されてしまいます。

PCサイト表示に切り替えることができるブログもありますが、その操作をブログ読者に期待しても仕方がありませんよね。
強制も強要もできませんから。

 

ということは

 

メッセージボードに書いたピアノ教室のレッスンメニューやお月謝、レッスン料金などは、モバイルユーザーには伝わっていないんです。

迷惑メールを覚悟し、意を決してのせたメールアドレス。
これも見えていません。

同じくサイドバーに設置した「問い合わせフォーム」もモバイルユーザーは目にすることはないんです、これが。

(;´Д`)トホホ

限定的な生徒募集効果しか発揮できていないかも?

パソコンユーザーしかサイドバーやメッセージボードを目にしていない状況では、せっかくのブログの集客効果も限定的。

携帯やスマホユーザーにはほとんどリーチできていない、ということになります。

「機会ロス」や、「お問い合わせ」の取りこぼしが、知らないうちに数多く発生しているかもしれません。

 

特にスマホユーザーは日増しに拡大中。
集客上のメインターゲット層もドンドンそちらに移行していってます。

早急に何らかの対策を講じる必要がありますよね。
手遅れにならないうちに、今スグにです。

ヽ(д`ヽ)。。オロオロ。。(ノ´д)ノ

ブログ集客におけるもっとも簡単なモバイルユーザー対策とは?

 
んじゃ~どうすればいいのよ?
小ムズかしい方法はわかんないから、簡単な方法はないの?

はい、ありますよ。^^
順番にご説明します。

1.モバイル環境でも必ず表示されているところはどこか?

まずは携帯やスマホなどモバイル環境でも、必ず表示されているブログの部分はどこなのか?
それを知る必要があります。

もう正解を言っちゃうと、ココ↓ですね。

ブログの記事部分

そう、ブログの記事部分です。

記事部分だけが、モバイル環境でも確実に表示されると言い切ることができます。
ドキドキ…

 

ではその記事部分とは、具体的にどんな範囲なんでしょうか?

それも正解を言っちゃうと、ココ↓ですね。

ブログ記事エディタ

ブログの記事を書くためのエディタ。

ここで書いた「タイトル」や「本文」。貼りつけた「写真」や「画像」、「リンク」。また設定した記事の「テーマ」や「カテゴリ」、「投稿の日時」など。

ブログを書くためのエディタに入力できる範囲が、モバイル環境でも確実に表示される記事部分となります。

ここだけはパソコンはもちろん、携帯やスマホなどモバイル環境でも、絶対確実に表示されるんですね。

ということは、ここに何らかの仕掛けをしておけばいい、ということになります。

2.ピアノ教室の詳細を書いた「過去記事」を作る

まずレッスンメニューやお月謝、レッスン料金、問い合わせ用メールアドレスなど、ピアノ教室の詳細を書いた「過去記事」をひとつ作ります。

 

具体的な過去記事の作り方は各ブログサービスごとに違いがあると思いますが、共通しているのは「投稿日時を過去の日時に設定して記事を公開する。」じゃないですかね。

ブログの過去記事設定
▲アメブロの過去記事の設定。
カレンダーで過去の日時を設定するだけのカンタン設定。
^^

 

ピアノ教室の詳細を書いた記事を公開するとき、書いたその日よりも過去の日時に設定して記事を投稿すれば、ちゃんと過去記事ができると思います。

3.すべての記事から過去記事へリンクしよう!

ピアノ教室の詳細を書いた過去記事に対して、すべての記事の一番下からリンクするようにします。

過去記事へリンク

たったこれだけで、携帯やスマホの読者にもピアノ教室の詳細を確認してもらうための導線ができますよね。

理想的にはすべての記事からリンクしたいところです。

もしそれが大変だったら、今から書く記事には必ずピアノ教室の詳細を書いた過去記事へのリンクをつけておきましょう。

やったらやっただけ効果は高まりますよ。

 

リンクの文字は「ピアノ教室の詳細はコチラ」とか、「ピアノ教室へのお問い合わせはコチラ」など、わかりやすい文言がいいですよね。

もし毎回書くのが面倒くさいならば、メモ帳などに定型文として書いて保存しておきましょう。

あとは記事を書くたびに、コピー&ペーストで貼り付けるだけでOKです。

4.サイドバーの「お問い合わせフォーム」はどうすれば…?

サイドバーに「お問い合わせフォーム」を設置してあるブログも多いですよね。

でも当然、携帯やスマホには見えません。
見えなければ問い合わせようもありません。

よってサイドバーの「お問い合わせフォーム」も、先程のピアノ教室の詳細を書いた過去記事に設置しておきましょう。

記事の中に「お問い合わせフォーム」を置いておくことで、携帯ユーザーにも、スマホユーザーにも、お問い合わせしていただける機会を提供することができます。

 

ただし、アメブロ以外は、です。

5.アメブロでのお問い合わせフォームはリスキー!?

アメブロは「問い合わせフォーム」を設置できる場所は、サイドバーの「フリープラグイン」と呼ばれている場所だけなんです。

記事の中に「問い合わせフォーム」を設置することはできません。

もちろんサイドバーの「フリープラグイン」は、携帯やスマホのユーザーには見えません。

お手上げです。。。(´ヘ`;)ウーム…

 

 
「あれ?記事の下に問い合わせフォームやメルマガ登録フォームを設置している人もいるんですけど?」

そうなんです、やろうと思えば出来るんですよね。
裏ワザ的に。(JavaScriptやiframeを駆使します。)

その裏ワザは大変ムズかしく、ブログしか持っていない方には不可能だったりします。

またホームページをお持ちの方でも、HTMLやJavaScriptに詳しくないとかなり手こずるハズ。

 

しかも

現状のアメブロにお問い合わせフォームを設置しておくということは、非常にリスクを伴うようになってきました。

どんなリスクかというと、記事ごと、あるいはブログごと、削除されるかもしれないリスクです。

だからアメブロでお問い合わせフォームを使うことは、積極的にはオススメできません。

(;^ν^)ヤバイよ、ヤバイよ~

6.アメブロのお問い合わせフォーム対策

それでもアメブロでお問い合わせフォームを使いたい場合は、アメブロの外部に設置する方法があります。

それにはコチラのサービスを使うといいでしょう。

まぐまぐ!かんたんフォーム

 

メールアドレスさえあれば、誰でもカンタンにお問い合わせフォームが作れます。

フォームを設置するためのページや記事も必要ではありません。

しかもパソコン、携帯、スマホからでもアクセス可能なんですよ~、あー便利。^^

まぐまぐ!かんたんフォーム
▲こんなフォームがカンタンに作れます。

この「まぐまぐ!かんたんフォーム」でピアノ教室へのお問い合わせフォームを作り、ブログの各ページから、あるいはピアノ教室の詳細を書いた過去記事からリンクしておけば、アメブロでもフォームが使えます。

ブログ内にお問い合わせフォームが表示されることはありませんから、ブログ削除のリスクも低減されると思います。

アメブロの方はお試しを!

まとめ

ブログのサイドバーにお問い合わせフォームを設置したり、メッセージボードにピアノ教室の詳細を書いておくことで、一定の集客効果が期待できる。

しかし

  • ブログのサイドバーやメッセージボードは、携帯やスマホからは見えない。
  • 携帯ユーザーやスマホユーザーに対してリーチできていない可能性大。
  • 今後更にスマホユーザーは増えていく。
  • 機会ロスやお問い合わせの取りこぼしも増える。

対策

  • 記事部分だけはモバイル環境でも確実に表示される。
  • ピアノ教室の詳細を書いた過去記事をひとつ作っておく。
  • その過去記事に対してすべての記事からリンしてモバイルユーザーへの導線を作る。
  • サイドバーのお問い合わせフォームも過去記事に設置しておく。
  • アメブロの場合は外部にお問い合わせフォームを作ってリンクする。

 

でわ ^^;)/~

ピアノ教室 管理人

ピアノ教室 管理人

福田音楽教室Webサイト管理人をやってますw

More Posts - Website - Twitter - Facebook


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です