今すぐ確認!スマホ未対応のピアノ教室のホームページは検索順位が下がります!

ピアノ教室ホームページのモバイル対応と検索順位

ども、お久しぶりのピアノ教室管理人です。

先日Googleから検索順位に関する非常に重要な発表がありました。

特にホームページをお持ちの方にとっては知っているのと知らないのとでは、ピアノ教室の集客上大きな差が生まれるかもしれません。

それくらい大切なお話です。

Googleが発表した検索順位に関する重要な発表とは?

ここ数年のスマートフォンの普及には眼を見張るものがありますよね。

実際管理しているブログのアクセスは、その半数以上はスマホからとなっていて、スマホの存在はインターネット上でも無視できない一大勢力となっているんですね。

 

そんな折、世界No.1の検索最大手Googleから検索結果に関するある重大な内容が発表されました。

えっ、私はYahoo!Japanだから関係ない?

いえいえ、Yahoo!Japanの検索でもGoogleの検索エンジンが使われているので関係大有りなのです。

 

Googleが発表した検索結果に関する重大な内容とはこちらです。
検索結果をもっとモバイル フレンドリーに | Googleウェブマスター向け公式ブログ

 

発表の要点は2つ。

  1. 検索結果にもっとモバイル フレンドリーなウェブサイトを
  2. 検索結果にもっと関連性の高いアプリ コンテンツを

そのうち1つ目が、ホームページをお持ちの方にとって、とても大きな影響を与える内容になっているんです。

その内容をザックリ簡単に言うと、

4月21日以降、全世界の検索結果において、モバイル対応されたWebサイトを上位に表示させる。

というものです。
この場合の「モバイル」とはスマホのことですね。

 

つまり、スマートフォンで見やすいように最適化されたサイトは、検索結果で上位に表示されやすくなる、ということ。

その反対に(そしてここが重要なのですが)スマホで見やすいように最適化されていないサイトは、検索結果で不利になるということを意味しているんです。

 

もっと詳しい解説が知りたい方はこちらのブログをお読みください。
Google、「スマホ対応」をランキング要因に利用することを決定。4/21から導入 | 海外SEO情報ブログ

あなたのWebサイト、特にピアノ教室のホームページは大丈夫!?

さて、多くの方が使っている国内のブログサービスは、そのほとんどでスマホ対応がなされているはずです。

形はどうであれ、スマホでブロブにアクセスすればそれなりに最適化された表示がされています。

だから多くの場合で、ブログは大丈夫でしょう。

WordPressでのブログは自分で何らかの方法をとる必要があるかもしれませんが比較的簡単だと思います。

プラグインを入れるか、テンプレートを変えるか、ですね。

 

し か し

ホームページはどうでしょうか?

 

ホームページはスマホ対応されたサイトと、スマホ対応されていないサイトが混在していると思われます。

もしご自身のホームページがスマホ対応されていなければ、4月21日までに対応を完了しておかなければ、検索結果に大きな影響が出てしまう可能性があります。

もしホームページの検索順位が下がれば、ピアノ教室への問い合わせに影響が出ますよね。

 

特に

  • 古いホームページで運用している方
  • スマホが普及する前に作られたホームページ
  • HTMLを手書きして作ったホームページ
  • 古いバージョンのホームページビルダーなどで作ったホームページ

さらに、

  • 楽器メーカーなど大手企業が提供しているホームページサービス
    (2~3ページほど自分のページを間借りするタイプのサービス)

などの場合は、スマホでどういうふうに表示されるか確認しておいた方がいいでしょう。

一番簡単な確認方法はスマホでアクセスするだけです。

 

もしスマホでホームページにアクセスしたときに、パソコンで見るのと同じホームページが小さく表示されていれば、それはスマホ対応されていません。

それではダメ、アウトなのです。

またスマホ対応されていないホームページ内部でブログを書いている場合も、検索順位に悪影響が出る可能性があります。

スマホ未対応のホームページが取るべき対応策は?

今回の検索順位の変動から逃れるためには、ホームページをスマホに最適化して表示されるように作り直すなど、4月21日までに何らかの対策が必要となります。

できれば3月中に終えておければベストですね。

 

主な対応策は3つ。

  1. レスポンシブ ウェブデザインに変更する
  2. 同じURLでPC版とスマホ版を分ける
  3. 別々のURLでPC版とスマホ版を分ける

上記2と3はブログなどでよく使われている方法です。しかしこれを自分でやるとなるとミスが起こりやすく、検索結果に深刻な悪影響がでる場合もあり得ます。

(と、Googleさんが言っています^^;)

 

Googleがオススメしているのは1のレスポンシブウェブデザインです。

レスポンシブウェブデザインというのは閲覧するデバイスの画面サイズ等に合わせてサイトが伸びたり縮んだりするデザインです。

今お読みのこのブログ「ピアノ教室ノウハウポスト」がそうなっています。

 

上記のいずれの方法をとるにしても検索結果は平等に扱われます。

十分なスマホ対応がされていればあとは内容次第というわけですね。

ちょっと気休め的なことを言ってみたりして…

さて、ここまで読んで「どうしよう、どうしよう」と不安になっているかもしれませんので、少しだけ気が休まる情報を。^^;

スマホで検索されたときだけ反映される

今回のGoogleの変更は、スマホで検索されたときだけ反映されるようです。

スマホで検索したときに、スマホ対応されたサイトは上位なりやすくなり、パソコンから検索されたときは関係ありません。

と、Googleのジョン・ミューラー氏は言っています。
「スマホ対応」アルゴリズム更新の疑問にGoogle社員が答えた | 海外SEO情報ブログ

ただし、既にお分かりの通りスマホユーザーはドンドン増えてきていますから、影響は大きいでしょうね。

スマホ対応され次第反映される?

さらに気休め第2弾。

対応が4月21日以降になってしまっても、スマホ対応がされれば順次検索結果に反映されるのではないかと思います。

しかしその間は、スマホからのアクセスは減るかもしれません。

実は…

さらにさらに気休め第3弾。

実は福田音楽教室のホームページもスマホ対応されていません!!
(^_^;)

なので今急いでレスポンシブウェブデザインに変更中です。

果たして間に合うか!?

 

というわけで、もしスマホに最適化されていないサイトをお持ちの場合、何らかの対策をされることを強く強くオススメします。

急げ~!!
(´∀`*)ノシ バイバイ

※この記事は無料メルマガ「自宅で開業!成功するお教室の極意♪」で配信したものを加筆修正して掲載したものです。

ピアノ教室 管理人

ピアノ教室 管理人

福田音楽教室Webサイト管理人をやってますw

More Posts - Website - Twitter - Facebook


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です