探す人に見つけてもらえる!ピアノ教室の生徒募集ブログのタイトルに入れておくべきたった2つの言葉

ピアノ教室のブログのタイトル

ちわっス!ピアノ教室管理人です。

もーね、単純に暑いとしかいいようがないです。
暑い!!
(ヽ´ω`)ゲソ

 

・・・さて

ブログだけで生徒を集められているピアノ教室の先生方も多いかと思いますが、そのとき非常に重要な働きをするのが「ブログのタイトル」です。

ブログのタイトルとは、つまり「ブログの名前」ですね。

 

世の中にはそれこそ星の数ほどのブログが存在しています。
そしてブログ主さんが思い思いのブログタイトルをつけていらっしゃいます。

実際ブログの名前を考えるのって楽しいんですよね。
と同時に、とても悩んじゃいます。

「あぁ~何てつけようか・・・」って。

もしかすると「ドラクエ」の主人公の名前をつけるときの、あの逡巡感と同じかもしれませんネ。

自分の分身だったりしますから。
(*´ω`*)モキュ

 

そんな思い入れたっぷりのブログタイトルなんですが、ピアノ教室の生徒募集に使うとなると、やっぱりちょいと考えないといけないコトがあるんですよね。

生徒を集めるという目的を果たし一定の成果を出していくためには、それなりのセオリーというものがありますから。

生徒募集がムズかしくなるピアノ教室のブログタイトル

何事にも「それをやっちゃ~ダメよ」っていうパターンがあるもんで、生徒募集用のブログタイトルにも当てはまります。

 

ピアノ教室のNGブログタイトル1

ピアノ教室のNGブログタイトル2

ピアノ教室のNGブログタイトル3

※↑一応、存在しなさそうなブログの名前。検索して調べた小心者です。^^;

 

こんな感じのブログタイトルだと、生徒募集のブログとしては少々役不足。
というか、かなり不利。

(;´Д`)ウトゥー

なぜなら、今この瞬間、ピアノ教室を探している人に見つけてもらえない可能性が高いからです。

 

どうして見つけてもらえない可能性が高いのか?

その理由を知るには、まずピアノ教室を探している人の目線で考えてみることが大切になってきます。

ピアノ教室を探している人はどんな言葉で検索するの?

ネット検索でピアノ教室を探す

インターネット検索を使ってピアノ教室を探している人というのは、当然ながら「ピアノ教室」を探しています。

お菓子教室でもバレエ教室でもありません。

ピアノ教室を探している人は、ピアノ教室を探しているんですよね。

 

そのピアノ教室を探している人が検索欄に入力する言葉は、「中古ピアノ」でもなく「ピアノ買取」でもありません。

「ピアノ運送」でもなければ「ピアノ調律」でもないですよね。

 

ピアノ教室を探している人が検索欄に入力する言葉は、やっぱり「ピアノ教室」である可能性がとても高いといえます。

少なくとも「ピアノ処分」よりは圧倒的に高確率ですよね。

 

であれば、生徒募集のためのブログのタイトルに「ピアノ教室」と入れておけば、今この瞬間に検索してピアノ教室を探している人がたどり着きやすくなるはずです。

 

結論:1
ピアノ教室の生徒募集のためのブログのタイトルには「ピアノ教室」と入れるべし!

m9(・∀・)ビシッ!!

私が通うピアノ教室はどこにある?

私が通うピアノ教室はどこにある?

もうひとつ、ピアノ教室を探している人が気にしていることがあります。

いや、もっとたくさんのことを気にされているとは思うんですが、その中でも飛び抜けて重要度が高いことがあるんですよね。

 

ふつう、出張可でもない限り、ピアノ教室には通う必要があります。

ピアノ教室に通うということは、逆に言うと、自分が通える距離、通える場所、通える範囲、通える地域である必要もあるんです。

 

どんなによいピアノ教室を見つけても、それが通える場所になければ、やっぱり通えないんですよね。

自分が通えない場所にあるピアノ教室は、それはもう対象外になってしまうんです。

 

そこで

自分が通えそうな場所にあるピアノ教室を優先的に見つけるために、検索欄に「地域」を表す言葉を入れるようになります。

あらかじめ自分が通える範囲の地域に絞って、ピアノ教室を探そうとするんですね。

 

鹿児島の人が東京にあるピアノ教室を見つけ出しても、現実的には通えません。

だからあらかじめ鹿児島という地域に絞ってから探したほうが、現実的に通えるピアノ教室を探し出せるというわけなんです。

 

結論:2
ピアノ教室の生徒募集のためのブログのタイトルには「地域名」を入れるべし!

m9(・∀・)ビシッ!!

地域名っていってもどれを入れておけばいいの?

私の地域

たしかに地域を表す言葉というのはイロイロありますが、まずベーシックなところで行政上の地域名ですよね。

市名、区名、町名、村名などなど、行政区分上つけられている名称です。

実際のピアノ教室のある場所によりますが、「市名+区名」、「市名+町名」などが無難な組み合わせかもしれません。

 

ただ東京23区などの人口密集地や、北海道など一区画が広大なところでは事情が違うと思いますから、もっと広げるとか絞り込むなどの調整が必要となりますよね。

 

また県名レベルになると地理的な範囲が広すぎて、ピアノ教室の集客としては精度が鈍ってしまいます。

どこまで絞り込むのかのサジ加減が大切ですね。

 

「地域」を表す言葉というのは、単純に行政上の地域名だけとは限りません。

駅名や通り、ストリートの名前、学校名なども特定の地域を表しています。

「横浜駅西口徒歩5分」なんかそうですよね。

 

また大きな池や湖、川、公園、坂、橋、地下からの出口、交差点、神社仏閣、ランドマークとなるような建物なんかも、地域を表すことがあります。

大阪の人にはお馴染みの「泉の広場上がる」なんかも、とある整形外科医院さんの場所を指し示す地名でもあります。

 

これらはその地域の人にとってどれくらい知名度や認知度があるかによって、ブログタイトルとしての効果が変わってきますから、使用するにはリサーチが必要となるかもしれません。

でもハマれば効果絶大!?ですね。

 

結論:2の補足
ピアノ教室の生徒募集のためのブログのタイトルの「地域名」は良~く考えて入れるべし!

m9(・∀・)ビシッ!!

やり過ぎは禁物!?

地域名の選択に迷ったからといって「えぇ~い!全部入れてしまえ~!」なんて、

φ(`д´)カキカキ
ピアノ教室のNGブログタイトル4

こんな↑極端なことしちゃダメですよ。

ヾ(・∀・;)オイオイ

 

これは「キーワードの詰め込み」といって、検索されても表示されなくなってしまうという、恐ろしいペナルティを受けるリスクが出てきます。

いやそれ以前に人の目で見て不自然ですからね。

ではいったいどこがダメだったのか?

これまでのことを踏まえて、最初にご紹介したブログタイトルをもう一回見直してみましょう。

ピアノ教室のNGブログタイトル1

ピアノ教室のNGブログタイトル2

ピアノ教室のNGブログタイトル3

この3つのサンプルタイトルには「ピアノ教室」という言葉も、「地域」を表す言葉も入っていませんよね。

入っていない言葉は検索されても表示されませんから、生徒募集のブログとしては不利。

今この瞬間、ピアノ教室を探している人に見つけてもらえない可能性が高い、ということがお分かりいただけると思います。

結論:ピアノ教室の生徒募集ブログのタイトルには

ピアノ教室の生徒募集用のブログタイトルには

  • 「ピアノ教室」という言葉
  • 「地域」を表す言葉

この2つは必ず入れておくことをオススメします。

地域名はよ~く考えて、やり過ぎにならないように絞り込んで使ってください。

また出張レッスンのピアノ教室の場合は、出張可能な地域名を入れておくといいですよね。

 

なお、ネット検索を使ってピアノ教室を探している人にブログを見つけてもらうには、タイトルだけがすべてではありません。

ほかにもいろんな要素が関係してきますし、様々な工夫や取り組みも大切になります。

 

それでも、ブログのタイトルというのは一定の影響力がありますから、しっかり見直してみてくださいね。

でわ ^^)/~

ピアノ教室 管理人

ピアノ教室 管理人

福田音楽教室Webサイト管理人をやってますw

More Posts - Website - Twitter - Facebook


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です