絞り込みが大切!ピアノ教室ブログのテーマ選定によって得られる2つのメリットと具体例

ピアノ教室のブログのテーマ

こんにちは~。ピアノ教室管理人です。^^

ピアノ教室運営のアドバイスをさせていただく過程で、ブログを書くことをオススメすることがよくあります。

するとこんな答えが返ってくることがあるんですよね。
「でも、ブログに何を書いていいのかわからないんです…。」

 

そう、何をブログに書いていけばいいのか?
という大きな大きな命題が目の前に立ちはだかってくるんですよね~。^^;

そしてそれはブログのテーマというものに密接に関係してくるんです。

いったい何について書いているのか?それによってブログの正体が決定されます

何のブログなのか?

ブログに何を書くのか?

これはつまりブログのテーマを何にするか?というお話でもあります。

何をテーマにこれからブログを書き綴っていくのか?

それによって、そのブログが本当はいったい何のブログなのかが、実質的に決まってくるんですね。

 

たとえば『横浜のピアノ教室お気軽ブログ♪』というタイトルのブログがあったとします。

タイトルに「ピアノ教室」と入っていますが、実際に書かれている内容が「紅茶」のことばかりであれば、実際には「紅茶ブログ」ということになります。

映画の感想を主に書いていれば、それは「映画ブログ」になりますよね。

もし何もテーマを決めずに思いつきで記事を書き綴っていけば、それは「日記ブログ」、あるいは「雑記ブログ」ということになります。

 

このようにブログの正体は実際に書いている内容次第なんです。

もちろんブログのタイトルブログの説明文も大切なんですが、それ以上に実際何について書いているのかという実態の方が、よりブログの性質を決定づけるんですね。

ブログの性質、つまり正体をハッキリさせるためには、ブログのテーマをしっかりと設定し、書く内容に一定の枠を与えることが大切になってきます。

一見不自由に思えるかもしれませんが、次にご紹介するように、そのメリットはとても大きいものなんですよ。

しっかりとしたブログのテーマ設定がもたらす2つの大きなメリットとは?

しっかりしたブログテーマのもたらすメリット

ブログのテーマに沿って記事を書き続けていくと、実はとても大きな2つのメリットを得ることができるようになります。

  1. ブログの読者層をしっかり絞り込める
  2. 検索エンジンに好まれるブログになる

メリット1.ブログの読者層をしっかり絞り込める

ブログのテーマによって集まってくる読者層というのは決まってきます。

ゴルフのことについて書かれたブログは、ゴルフに興味のある人たちや愛好家の方々が読者になります。

錦鯉について詳しく書かれたブログは、錦鯉を飼っている趣味人が読者として集まるでしょう。(管理人の父親とか。^^)

まさに「類は友を呼ぶ」なんですよね。

当然ピアノをテーマとして、ピアノのことについてたっぷり書かれたブログには、ピアノに興味のある人たちが集まりやすくなるというわけです。

 

読者を絞り込むというと何だか可能性を潰しているように感じるかもしれませんが、決して悪いことではないんですよ。

同じテーマに興味のある読者だけが集まることで、記事の内容に「共感」が得られやすくなるからなんです。

 

ピアノに興味のない人や嫌いな人にいくらピアノの良さをブログ上で説いてみても、暖簾に腕押し、馬の耳に念仏です。

でもピアノに興味のある人にとっては、とても意味のある楽しい記事となりますよね。

気に入ってもらえれば常連になってもらえますし、「いいね!」や「ツイート」されたり、リンクされたりして情報はより拡散されやすくなります。

そしてそれが明日のアクセスにつながっていきます。

メリット2.検索エンジンに好まれるブログになる

たとえば「カレーパンの作り方」というブログ記事が2つあるとします。

ひとつは日々の雑多なことがたくさん書かれたAブログの中の1記事として。

もうひとつは、いろんなパンの作り方について詳しく書き綴られたBブログの中の1記事として。

はたして“カレーパンの作り方”で検索されたとき、どちらの記事が上位に表示されやすいか?

 

答えはもちろん、パンの作り方についての専門性の高いBブログの記事の方ですよね。

 

検索エンジンというのはひとつのテーマについて広く深く、そしてたくさん書かれたブログを非常に好みます。

専門性の高いブログやサイトを、そうでないサイトよりも高く評価する傾向がとても顕著なんですよね。

なぜなら、そこには検索ユーザーが探している情報や答えが書かれている可能性がとても高いからです。

 

ブログのテーマを絞りこんだ専門性の高いブログに育てることで、検索経由での継続的なアクセスが見込めるようになるという大きなメリットが得られるわけなんです。

具体的にピアノ教室のブログのテーマを考えてみましょう

ピアノ教室のブログテーマの設定

ピアノ教室のブログでは当然「ピアノ」というテーマは外せませんよね。

せっかくピアノ教室のブログと銘打っているわけですから、ほかのテーマを選ぶことは「ピアノ教室のブログ」としての存在を危うくしてしまいます。

生徒募集のためのブログであれば尚更「ピアノ」というテーマは外せません。

 

でも、ひと口にテーマは「ピアノ」といってもその範囲はとても広く、いろんなサブテーマがたくさん含まれています。

ピアノという話題を扱うにしても、様々な側面があるということです。

「ピアノ」というテーマに含まれているサブテーマ群

ピアノという大テーマの下に属しているサブテーマを、今思いつくかぎり書き出してみますね。

  • ピアノの練習法や楽しみ方
  • ピアノのレッスン法やメソッド
  • ピアノ楽譜や教材の紹介や使い方
  • ピアノコンクールの紹介や傾向と対策
  • ピアノの購入や選び方、管理方法
  • ピアノの名曲・名盤紹介
  • ピアノ曲を残した作曲家の紹介
  • ピアニストやピアノコンサート情報介
  • 新品・中古ピアノの情報
  • ピアノの調律について
  • ピアノ教室の案内
  • ピアノ教室での出来事
  • ピアノ教室の運営ノウハウ

などなど…。

ザッと書いただけですが、実に様々なサブテーマがピアノという大テーマの中には含まれていますよね。

いや、もっともっとあるかもしれません。

これはそのままピアノという世界観の幅や深さ、あるいは業界としての広がりや市場規模を反映しているように感じます。

「ピアノ運送」というニッチな領域であってもちゃんと中に収まるくらいに、ピアノという大テーマは懐が深いものなのかもしれません。

 

それだけに、どれをブログのメインテーマとして据えるのかという課題は、とても重要になってきます。

選んだテーマによって、確実に変わってしまうものがあるからなんです。

サブテーマによって変わってくるモノとは?

ここで注目して欲しいのは、それぞれのサブテーマによって対象となる読者層が違っているということです。

「ピアノの練習法」は主にピアノを学んでいる人、つまり生徒さんたちが対象ですが、「ピアノのレッスン法」ではピアノ教室の先生たちが主な読者対象となります。

「ピアノの調律」にいたっては、職業まで絞っていますよね。

 

このように同じピアノというテーマであっても、選んだサブテーマによっては対象となる読者層が違ってきます。

もしブログを生徒募集のためのツールとして活用したいのであれば、読者層が「ピアノを学んでいる人」もしくは「これから学びたい人」になるようなサブテーマを選ぶことが、ブログ集客の近道となりますよね。

ブログのテーマと読者層がマッチングするように、しっかり決めていきましょう。

選んだサブテーマは絶対厳守なのか?

一度サブテーマを選択したら、ほかのサブテーマについては書いてはいけないのか?

もちろんそんなことはありませんよ~。^^;

ピアノという大テーマの範囲内で、なおかつメインとなる読者層の役に立つような関連するテーマであれば、その都度書いていっても全然OKです。

 

「ピアノを学んでいる人」という読者層にとって、「新品・中古ピアノの情報」や「ピアノの購入や選び方、管理方法」という記事は、とても有益な情報となる場合があります。

またピアノ指導者層という読者にとっては、「ピアノのレッスン法やメソッド」や「ピアノ教室の運営ノウハウ」、「ピアノ楽譜や教材の紹介や使い方」というサブテーマは、互いに関連し合った情報となりますよね。

 

ただどれが自分にとって一番書きやすいサブテーマなのか、どれが一番身近でたくさん書けそうなサブテーマなのかは、しっかり見極める必要があるでしょう。

「ピアノの練習法や楽しみ方」についてはたくさん記事が書けそうでも、「ピアノ運搬」についてはそんなに多くは書けそうにはありませんよね。^^;

 

自分がメインとするサブテーマをしっかり決め、読者にとって有益であれば都度ほかのサブテーマについても触れていく。

もちろんピアノという大テーマから逸脱しないように。

そんなブログの運用方法が一番やりやすいかもしれません。

手前ミソですいません…。テーマを絞ったブログの参考事例のご紹介

専門性の高いブログ

「んじゃーお前んところはどうなんじゃい!」

そんな声が聞こえてきそうなので、手前ミソながらテーマを絞ったブログの参考例として自社ブログ(?)をご紹介しておきます。

 

ピアノレッスン☆音楽の魔法♪

これはメルマガ『人生を楽しくする☆魔法のピアノレッスン♪』のバックナンバー保管ブログとしてスタートしたブログです。

配信済のメルマガからブログへ移植する際に、日常的な話題やセミナーなどの講師向け情報はバッサリ割愛し、ピアノの練習法や楽しみ方だけを抜き出して加筆・編集、掲載しています。

検索キーワードも専門用語が並ぶ

記事の内容を限定した結果、検索経由でのアクセスに使われた「検索キーワード」にも、ピアノに関連性の高い語句が並ぶようになりました。

これは“どういう単語で検索された結果ブログへのアクセスにつながったか”ということを表しているんですが、同時にこのブログが何に関してのブログなのかという、検索エンジン側の認識が表れているとも言えます。

 

ほかの方の専門性の高いブログもご紹介しておきますね。

・ディズニー系ブログでは超有名
☆吉田さんちのディズニー日記☆

・驚愕のラーメン二郎店巡り完食・完飲ブログ
康太ブログ

・マニアが集うガンプラ(ガンダムのプラモデル)専門ブログ
ガンプラ BLOG (ブログ)

ブログのテーマ:まとめ

ブログのテーマについてのまとめ

  • ブログのタイトルにかかわらず、実際に何をメインとして書いているかによって、ブログの正体が決まってくる
  • ブログのテーマによって読者層と専門性が決まる
  • テーマの絞れた専門性の高いブログは検索エンジンの評価も高くなる
  • 集客に使うピアノ教室のブログの大テーマから「ピアノ」は外せない
  • 「ピアノ」という大きなテーマに含まれるサブテーマによって読者層は変わってくる
  • ブログのテーマと読者層がマッチングすることが大切

 

テーマを絞るから書く内容が決まるのか?
書く内容が絞れているからテーマが決まるのか?

いずれにしても、ブログのテーマと記事内容、読者層、専門性は密接に関係しています。

 

ブログのテーマというのは設定項目に記入するものではありませんから、書いている本人が意識して日々ブログを更新していくしかありません。

またテーマを何も考えないブログは、ややもすると自分宛ての日記になってしまいがちです。

もちろん、最初っから日記や忘備録としてのブログを目指すのであれば、それでまったく問題ありません。

でもブログから生徒を集めたいという目的であれば、しっかりとしたブログテーマの設定と、そのテーマに沿った記事内容が必要なんですね。

 

それではがんばっていきましょう!!
^^)/~

ピアノ教室 管理人

ピアノ教室 管理人

福田音楽教室Webサイト管理人をやってますw

More Posts - Website - Twitter - Facebook


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です